レーシングカート用タイヤABM(ドライ)

横浜ゴムは、国際カート委員会公認のレーシングカート用タイヤを2月18日から発売すると発表した。

新商品は同委員会の新しい公認期間である2011年〜2013年用のタイヤ。ドライ用は「ABM(ミディアム)」、「ABH(ハード)」の2種類を設定する。新規格で排気量が100ccから125ccに変更され、大きく変化した車両特性にタイヤを適合させるため、形状、構造、コンパウンドを全面的に見直した。

新形状、新構造の採用により、前後バランスの最適化を図るとともに、軽快な旋回性を実現する。また、高いグリップ性能と耐摩耗性能を両立させた新コンパウンドが低温時から高温時までより安定した性能を発揮する。

また、ウェット用のABWはウェット性能が好評だった従来パターンに、グリップ性能を向上した新コンパウンドを採用し、ヘビーレインからダンプまで幅広い路面コンディションをカバーする。

発売サイズは4.5×10.0-5〜7.1×11.0-5の6サイズ。価格はオープン価格。

レーシングカート用タイヤABW(ウェット)