PAS CITY L8 スペースブラック

ヤマハ発動機は、8.1Ahバッテリーを搭載した電動アシスト自転車『PAS』の2011年モデル3機種を3月31日から発売する。

今回発売するのは27インチの長距離走行が可能な「PAS CITY L8」、装備を充実した「PASナチュラL」、パワフルアシストと長距離走行の両立を図った最上位の「PASナチュラLスーパー」の3機種。これでPASの2011年モデルは全7機種となる。

追加する3機種は、バッテリーのサイクル寿命を700〜900サイクルへと従来比約2倍に延ばした高耐久リチウムイオンバッテリーを採用した。

バッテリー残量をパーセント表示し、走行速度表示にも切り換えられる新設計のメインスイッチを搭載する。

耐久性を高め、静粛性にも優れた新開発のドライブユニットや新型フレームも採用している。特にPAS CITY L8は、新たに内装8段変速機を搭載。アシスト性能を最大限発揮する独自の制御機能「S.P.E.C.8」により、走行性能の向上を図るとともに、ブレーキワイヤーなどをフレームパイプ内に通し、外観品質も高めた。

製品保証期間を業界最長で、バッテリーは2年、ドライブユニットは3年となっている。フレームとフロントフォークも3年に延長した。

各種機能を高めながら、価格は従来比で約8%抑えた。PAS CITY L8が13万2800円、PASナチュラLスーパーが12万2800円、PASナチュラLが10万9800円。

PAS ナチュラ L スーパー マーズブラウン PAS ナチュラ L ライトパープル