R-Car M1A、専用電源IC

ルネサスエレクトロニクスは、子会社のルネサスモバイルと、次世代組込み型カーナビゲーション機器向けSoC(システムLSI)として、低消費電力と高度なヒューマンマシンインタフェースに貢献する『R-Car M1』シリーズを製品化、5月からサンプル出荷を開始する。

新シリーズは、組込み型カーナビなどの車載情報端末向けSoCとして採用実績がある「SH-Naviシリーズ」や「EMMA CARシリーズ」を統合した製品の第1弾。今後ボリュームゾーンとなることが見込まれるミッドレンジ機器向けの製品となる。

高性能マルチメディア処理用の専用回路を搭載し、ソフトウェアでの処理時に比べ、フルHD動画処理時の消費電力を約92%低減できる。また、新開発の専用電源ICと組み合わせることで、トータルの消費電力を最大20%低減できるなど、カーナビの低消費電力化に貢献する。

「POWERVR SGX」搭載により3Dグラフィックス性能も強化。多彩でリアルな3D画像表示が可能で操作性も向上している。さらに、最大動作周波数800MHzのARMコアとSH-4Aコアを搭載し、最大3.7GIPSの高処理性能を持つ。

M1シリーズは2製品あり、サンプル価格は、M1Aが1個6000円、仕様展開品のM1Sが5500円。2012年6月から月産3万個で量産を開始し、2014年には月産20万個を計画する。