富士通テンは、富士通テン社会貢献基金が栃木県立小山南高等学校に楽器を寄贈したと発表した。

同基金は、富士通テンの本社所在地である兵庫県神戸市、生産工場のある岐阜県中津川市と生産子会社の栃木富士通テンのある栃木県小山市を中心に社会貢献活動を行っている。

小山市での楽器の寄贈は今回が3回目で、小山南高等学校に、テンポの確認やリズムトレーニングなど、通常のキーボードにはない機能が組み込まれた指導用総合楽器、ヤマハ『ハーモニーディレクターHD-200』を寄贈した。

同校音楽部では、老人ホームへの慰問演奏を積極的に行っており、今回寄贈した楽器は、今後の音楽練習に役立ててもらう。