片桐隆夫常務執行役員

日産自動車の片桐隆夫常務執行役員は15日、OEM(相手先ブランドによる生産)戦略について「市場にニーズがある限り、それに答えるためのひとつの手段として、OEMなどのビジネス関係は双方にメリットがあれば続けていくべき」との考えを示した。

その一方で片桐隆夫常務は「同じような車、あるいは同じ車と思われないよう、車の差別化、あるいはマーケティングを通じてブランドをつくるということは必ずやらなければいけない」とも強調した。

日産は現在、国内ではスズキおよび三菱自動車から軽自動車を、マツダからは商用車をOEM調達している。さらに軽自動車に関しては三菱と合弁会社を設立して共同開発に乗り出すことで合意している。

軽の合弁事業について片桐隆夫常務は「今までもスズキや三菱とも実際の車の企画段階から色んな話をしているが、三菱との合弁では、我々のニーズや戦略が車作りにより一層反映されるようになる」とした。加えて、「三菱との合弁事業が立ち上がった後も、スズキが大変重要なパートナーであることに変わりはない」と強調した。