15日、1か月の受注が予想の5倍となったことが発表されたCT200h

全体相場は続伸。目立った材料が見当たらない中、好業績銘柄を中心に堅調な動き。高値警戒感から上値は限定的だったが、中国・上海市場が堅調に推移したことも下支え要因となり、平均株価は前日比21円高の1万0746円と小幅ながら続伸して引けた。自動車株は全面高。

トヨタ自動車が60円高の3930円と続伸。海外投資家の買いが観測されている。日産自動車が4円高の884円、ホンダが40円高の3680円と続伸。

軒並み高の中にあって、三菱自動車が1円安の118円と小幅ながら下落した。