インド向けFZ16

ヤマハ発動機の柳弘之社長は15日の決算発表会見で、中期計画の最終年に当たる2012年の二輪車世界販売について「900万台程度を目指したい」と表明した。

今期(11年12月)の計画である776万台から16%の増加となる。柳社長はこのうち、アジアを中心とする新興諸国で840万台程度を見込んでいるとした。

最大の販売先であるインドネシアでは昨年までに年360万台の生産体制を構築したが、柳社長は「12年には400万台に増強する」計画を明らかにした。投資額は100億円を計画している。

一方、需要不振が続く先進諸国のうち、米国については「底堅い潜在需要がある」(同社長)とし、11年の時点で前年より3割多い7万台規模への回復を見込んでいる。

輸出モデルのFZ8