パナソニックは、英国のブリティッシュガスにパナソニックグループの太陽光パネルHITを供給することで合意した。

パナソニックグループの太陽光パネルHITは、省スペース化・軽量化が特長で、単位面積あたりの発電量も高く、狭小屋根でも十分な発電が可能で、ブリティッシュガスが展開する「ルーフリーススキーム」に適していると判断された。ルーフリーススキームは、ブリティッシュガスが民間や公営住宅に初期投資なしで太陽光パネルを設置、ブリティッシュガスが獲得したフィードインタリフ(エネルギーの固定価格買取制度)により、住居オーナーは太陽光パネルから得られた電力を無料で使用することができるというもの。

太陽光パネルを設置している家庭は、電気代の節約とフィードインタリフを合わせて年間約600ポンドの節約が可能で、さらに大きなシステムになると、最高1000ポンドの節約が見込まれる。

ブリティッシュガスは、太陽光パネルHITが小さな住宅にも適しており、より多くの家庭が恩恵を受けることが可能になることから、採用を決めた。