ヤマハ発動機は、機動的な資本政策や将来の株主への配当に備えるため、資本準備金と利益準備金を繰越利益剰余金の欠損補てんに充当すると発表した。

同社は今回、資本準備金のうち、約238億円、利益準備金の全額約37億円をそれぞれ繰越利益剰余金に振り替え、欠損を補てんする。振り替え後の資本準備金は約739億円となる。

3月24日開催の定時株主総会で承認を受けてから実行する。