クーガ

このクラスの欧州製コンパクトクロスオーバーSUVの中でも、『クーガ』はなかなか特徴的な存在だと思う。

最大の特徴はエンジンにある。競合車が軒並みダウンサイジングする中で、クーガは欧州フォードの高性能モデルである『フォーカスST』ゆずりの2.5リットル5気筒ターボエンジンを積む。実際にドライブしても、5気筒特有のビート感が味わい深く、そしてやはり動力性能に長けたクルマに乗るのは楽しいものだという潔さを感じさせる。

あるいは個性的なデザインも興味深い。室内空間やラゲッジスペースなどの広さを少々犠牲にしても、このフォルムを優先させた潔さがいい。

さらに、上級の「Titanium」であれば、競合車ではオプション扱いが一般的なレザーシートやパノラミックルーフなどが標準で装備される点も特筆できる。これだけでもかなり買い得感があり、前述のエンジンやデザインと併せて、コストパフォーマンスの抜群に高いクルマだと思う。

惜しむらくはサービス網の充実度だ。せっかくよくできたクルマなのに、それを理由に選択肢から外れてしまうことが多々ありそうでもったいない。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★


岡本幸一郎|モータージャーナリスト

1968年富山県滑川市生まれ。学習院大学卒業後、生来のクルマ好きが高じて自動車メディアの世界へ。自動車情報ビデオマガジンの編集部員、自動車専門誌の記者を経てフリーランスへ。「クルマ好きのプロ」として、ユーザー目線に立った視点と幅広い守備範囲を自負し、近年はWEB媒体を中心に活動中。レスポンス試乗記には、他媒体では諸事情により書きにくい本音も!?

クーガと岡本幸一郎氏 クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ