国内タイヤメーカーの、横浜ゴム、東洋ゴム工業、ブリヂストン、住友ゴム工業の4社が、相次いで国内市販用タイヤの値上げを発表した。タイヤの主要原材料である天然ゴム価格の高騰によるもので、乗用車用が平均7%の値上げとなる。

トラック・バス用タイヤは各社で値上げの発表がすでに行われている。今回は主に乗用車用タイヤが値上げの対象となる。

乗用車用タイヤの値上げ比率に関しては、横浜ゴムが4月1日より平均7%、東洋ゴムが4月1日より平均7%、ブリヂストンが6月1日より平均8%、住友ゴム工業が5月1日から平均7%、それぞれ値上げする。