10日午前7時30分ごろ、大阪府東大阪市内の府道を走行していた大型トラックが、左折禁止の交差点で左折を開始。後ろから直進してきたバイクが進路を塞がれ、そのまま衝突する事故が起きた。バイクの運転者が死亡。警察はトラック運転手を逮捕している。

大阪府警・布施署によると、現場は東大阪市本庄西付近で片側3車線の直線区間。交差点を左折するには側道へ入る必要があるが、大型トラックは直進車線で左折を開始。後ろから直進してきたバイクは進路を塞がれる状態となり、そのままトラックの左側面部へ突っ込んだ。

バイクは転倒。運転していた枚方市内に在住する54歳の男性は後輪に巻き込まれて全身を強打。近くの病院に収容されたが、同日夜に死亡した。警察はトラックを運転していた岩手県紫波町内に在住する51歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。男性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

現場は変則的な交差点。警察ではトラックを運転していた男が道を間違い、慌てて左折を開始した疑いがあるとみて、事故発生の詳しい状況を調べる方針だ。