会場の模様

大阪市のインテックス大阪にて、今回で15回目となる「大阪オートメッセ2011」が2月11日から13日まで開催された。初日は降雪に見舞われるなど悪天候でスタートしたオートメッセだったが、祝日を含む3連休となった日程にも恵まれ、2011年は昨年を上回る21万7037人が来場した(2010年実績21万118人)。

今回のオートメッセでは「ドレスアップ&チューニングがクルマをもっと楽しくする!」をテーマに、自動車メーカーを始め、アフターパーツメーカー、チューニング&ドレスアップショップ260社が参加。463台の展示車両の他、ラジコンのグランプリレースやミニカーの展示販売が行われるアミューズメントホール、有名アーティストが来場してのライブステージ行われた。

初日の11日は大規模な寒波が襲来。関西エリアは降雪となり大阪市内でも積雪が観測された。この雪のため阪神高速はほぼ終日通行止めとなり、自動車を使っての来場者に少なからず影響を与えた。しかし、その後天候が回復して多くのファンが来場。最終的にこの日の来場者は5万人を突破。会場は通路に人があふれる、休日らしい賑わいを見せた。

土曜、日曜の来場者数も昨年を超え、大阪オートメッセは盛況のうちに終了。関西エリアのカスタマイズに対するニーズの高さをうかがわせるイベントとなった。

会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様 会場の模様