先代エルグランドから採用されているアラウンドビューモニター

日産自動車は2月14日、クラリオンと共同開発した「アラウンドビューモニター」と「移動物検知(MOD)」のカメラ画像処理技術ライセンスをクラリオンに供与すると発表した。

クラリオンは技術供与を受けて、日産以外の他社にもアラウンドビューモニターやMODを販売できるようになる。

日産は、4つのカメラと特殊な画像処理システムによって車両周囲を上から見下ろしたような映像をカーナビゲーション画面に映し出すアラウンドビューモニターを世界で初めて商品化し、2007年に発売した『エルグランド』から採用している。

また、MODはアラウンドビューモニターの4つのカメラ映像から画像認識することにより、アラウンドビューモニターの「分かりやすい・見やすい」をさらに進化させ、ドライバーに自車の周辺状況の変化を早期に知らせることで、安全確認をサポートする技術。

日産は、クラリオンに技術供与することで、日産以外の他社の車を含めた幅広い車両にこの技術が搭載され、安全性向上に寄与するとともに、これら無形資産の有効活用によって得られる収入を、新たな技術開発に投資することで技術開発力を高めていく構え。

先代エルグランドから採用されているアラウンドビューモニター