さくらプロジェクトのウェブサイトで公開された開花傾向

ウェザーニューズは2月14日、春の桜シーズンに向けて、各都道府県にある桜の名所660か所と各エリアの桜開花傾向を発表した。

インターネットサイトと携帯サイト「ウェザーニュース」で2月14日から開花傾向を毎日更新し、気象条件によって左右しやすい桜の開花の最新情報を公開する。

近年は全般に早い傾向にあるものの、昨年と比べると、開花は同じかやや遅くなる所が多くなる予想。今年のソメイヨシノの最も早い桜の一輪開花は、九州、四国太平洋側の沿岸部から始まり、短い期間で西日本、東日本へと広がると予想。都心周辺は3月下旬から4月はじめに開花ピークを迎える見通し。

今年の春は寒暖の差が大きく、開花直前の寒さで足踏みする桜が出てきそうなものの、冷たい雨や雪の後は、晴れて暖かくなる天候が現れやすくなり、そのタイミングで開花を迎える桜が多くなりそうとしている。

ウェザーニューズが事前に開花情報を活用してもらうために発表する開花傾向は、過去7年間に一般から寄せられた桜の開花状況に関するリポートと、今後の気象状況の予測をもとに算出したもの。

また、2月14日から「さくらプロジェクト」を開始する。これは全国の参加者と桜のつぼみから葉桜までの生長を観察し、その様子を携帯サイトやインターネットサイトなどでリアルタイムに伝え合い、日本各地の桜の素晴らしさを多くの人と共有するプロジェクト。近所の公園、学校、自宅の桜の木など、要望があった桜の木、全ての開花予想を行う。

参加者から寄せられる観察リポートを取り入れた「開花予想」の第1回目を2月28日に一斉発表する。