セレナ

運転席に座ったとたん、デジャブかと思った。この感覚。この大きなガラス面積から外が見渡せる独特の感覚。前に同じ体験をしたことがある……なんだっけ? そうだ、観覧車だ! まるで外の景色と一体化してしまうような気分になる『セレナ』のとんでもなく大きなフロントゥインドー。信じられない開放感である。

車内の広さと使いやすさについては定評のあるセレナだが、今回はいまの注目アイテム、アイドリング・ストップが加わった。この停止するときがものすごく静か。あら、止まったの、という感じで、気づくとインパネ内に大きく記された「ガソリン節約中」を示すメーターが時計の針のように動いていて、節約主婦のハートを直撃する。いまやアイドリングストップは、必須機能になってきて、どのメーカーも、コンマ数秒の世界での技術開発にしのぎをけずる。停止した瞬間の静かさでは、セレナが一番のような気がする。

これまでセレナというと、ガラス面積が大きくて重心が高く、ふわふわした乗り心地という印象だったけれど、新型はその点も改良されている。安定感があって、これならひとりで通勤に使うときのお父さんも、満足してくれるんじゃないだろうか。

それに、最近の子どもたちは、クルマに乗せてもファミコンで遊んでいるというけれど、セレナなら窓の外を移りゆく景色を見ながらのドライブが期待できるかも。やはりこういうクルマは、運転席インプレッションもそうだけれど、今度は子どもたちに一気乗りしてもらい、後席インプレッションをとりたいものだ。セレナはかなり上位をいくと思うんだけれど。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。

セレナ セレナ セレナ セレナ