メルセデスベンツCクラスクーペ

メルセデスベンツ『Cクラス』に、新たなモデルが加わる。『Cクラスクーペ』が、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表されるのだ。

これは13日、ドイツ本国での発表に先駆けて、メルセデスベンツの米国法人、メルセデスベンツUSAが明らかにしたもの。Cクラスクーペは、米国では全く新しい車種。欧州では、『CLC』(旧『Cクラススポーツクーペ』)の後継モデルに位置づけられる。CLCが3ドアハッチバックボディだったのに対して、Cクラスクーペは独立したトランクルームを持つ2ドアのノッチバックボディとなるのが特徴だ。

そのデザインは、フロントマスクは『Cクラスセダン』の「アバンギャルド」と共通イメージ。グリルに配されたスリー・ポインテッド・スターがスポーティな雰囲気だ。セダンよりも約40mm低い全高が、2ドアクーペの美しいシルエットを際立たせる。

室内は、フル4シーターの空間。後席は独立タイプの2名がけとなる。ダッシュボードのデザインは、Cクラスを踏襲。C250はアルミパネル、C350はウォールナットウッドパネルで装飾される。

米国向けのエンジンは、ガソリン2種類。「C250クーペ」は直噴1.8リットル直列4気筒ターボで、最大出力201ps、最大トルク31.7kgmを発生。0-96km/h加速7.1秒、最高速は210km/h(リミッター作動)だ。

「C350クーペ」は、「ブルーダイレクト」と呼ばれる新世代直噴3.5リットルV型6気筒で、最大出力302ps、最大トルク37.8kgmを発生。0-96km/h加速5.9秒、最高速は210km/h(リミッター作動)となる。

両グレードともに、トランスミッションは7速AT。米国EPA(環境保護局)予想燃費(複合モード)は、C250クーペが10.2km/リットル、C350クーペが9.35km/リットルだ。

新型Cクラスクーペは、米国では2012年モデルとして9月に発売。ダイムラーのヨアヒム・シュミット販売担当取締役は「Cクラスクーペは、新たな顧客獲得を狙うモデル。若々しくスタイリッシュで、魅力的」と自信を見せている。

メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ メルセデスベンツCクラスクーペ