電池工場建設、鍬入れ式

日産自動車は11日、ポルトガルで電気自動車(EV)用電池を生産する工場の建設に着手したと発表した。

新工場は、ルノー日産アライアンスが欧州で販売するEV用のリチウムイオン電池を生産する。日産の欧州子会社である欧州日産が1億5600万ユーロ(約175億円)を投資。リスボンの北約240kmに位置するアベイロ市近郊のカシアにあるルノーのトランスミッション工場の敷地内に建設する。

生産開始は2012年12月で年間5万台分の電池を生産する。主にルノーがトルコのプルサ工場で生産する『フルーエンスZ.E.』に搭載される。鍬入れ式に出席した志賀俊之最高執行責任者(COO)は「カシア工場は欧州でルノー日産アライアンスがEV用バッテリーを生産する3つの工場の一つになる。欧州でのEV量産を実現しゼロエミッション社会に向けて歩みを進める」と話した。

日産は欧州では英国工場でバッテリー工場の建設に着手し12年初頭に年間6万台分の生産を開始する。仏ではルノーのフラン工場では年間10万台分のバッテリーを生産する予定だ。

電池工場建設、鍬入れ式 電池工場建設、鍬入れ式 電池工場建設、鍬入れ式 電池工場建設、鍬入れ式 電池工場建設、鍬入れ式 電池工場建設、鍬入れ式 電池工場建設、鍬入れ式 電池工場建設、鍬入れ式 電池工場建設、鍬入れ式 フルーエンスZ.E.