BMWアクティブE

BMWは10日、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーに、『アクティブE』を出品すると発表した。BMWブランド初の市販EVとなる。

同車は、BMWが2010年1月のデトロイトモーターショーで披露した『コンセプトアクティブE』の市販版。これは『1シリーズクーペ』をベースに、EVパワートレインを載せたスタディモデルだった。

ジュネーブで公開されるアクティブEも、1シリーズクーペがベース。リアアクスルに置かれるモーターは、最大出力168ps、最大トルク25.5kgmを発生する。前後重量配分が、50対50と理想的なのはBMWらしい。

2次電池は、SBリモーティブ社と共同開発したリチウムイオンバッテリー。0-96km/h加速9秒以下、最高速145km/h(リミッター作動)の性能を備えている。「エコプロ」と呼ばれる省エネモードも採用された。

アクティブEは今年、合計1000台以上を使用して、米国、欧州、中国で大規模なテストフリートを予定。BMWはここで得られたノウハウを、2013年に量産する新型EV、『メガシティビークル』(仮称)に反映させる計画だ。

BMWアクティブE BMWアクティブE BMWアクティブE BMWアクティブE BMWアクティブE BMWアクティブE