ゴルフ24

フォルクスワーゲンは10日、『ゴルフ』のレーシング仕様、「ゴルフ24」を発表した。6月にドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する。

同社はこの3年間、ニュルブルクリンク24時間耐久に『シロッコ』のレース仕様、「シロッコGT24」で出走。今年は「ゴルフGTI」のデビュー35周年を記念して、このゴルフ24でニュル24時間にエントリーする。

ゴルフ24の心臓部に収まるのは、アウディ『TT RS』や『RS3』用の2.5リットル直列5気筒ガソリンターボユニット。もちろん、レース用の専用チューンが施されており、最大出力440ps、最大トルク55kgmを引き出す。

駆動方式はフルタイム4WD。トランスミッションは、パドルシフトの6速シーケンシャルだ。2ドアのボディには、オーバーフェンダーや大型リアウイングが追加され、市販のゴルフにはない迫力を醸し出している。

ゴルフ24は、すでにポルトガルやイタリアでのテストを終了。今月ドイツで行われる耐久レースにテスト参戦し、6月23〜26日の本番に備える。同社のモータースポーツ活動を統括するクリス・ニッセン氏は、「ゴルフGTI誕生35周年の今年、大観衆の前で結果を出したい」と意気込みを語っている。

ゴルフ24 ゴルフ24 ゴルフ24 ゴルフ24 ゴルフ24 ゴルフ24