ダッジ R/T

9日に開幕したシカゴモーターショー。クライスラーグループのハイライトは、ダッジブランドが一挙5車種の「R/T」グレードを発表したことだろう。

R/Tとは、「ロード&トラック」の略。1960年代から、ダッジが高性能車に冠するグレード名として、伝統的に用いてきたネーミングだ。今年のシカゴでは、ダッジ5車種にR/Tが投入された。

その5車種とは、『チャージャー』、『デュランゴ』、『グランドキャラバン』、『ジャーニー』、『チャレンジャー』。スポーツカーからSUV、ミニバンまで、幅広いラインナップとなるのが特徴だ。

いずれも、内外装をベース車両に対してスポーティな味付けに変更。フロントグリルやアルミホイール、ステアリングホイールなどが専用デザインとなる。一部車種には、スポーツサスペンションも奢られた。

もっともパワフルなチャレンジャーの場合、5.7リットルV型8気筒ガソリン「HEMI」を搭載。最大出力376ps、最大トルク56.7kgmを発生する。

ダッジブランドのラルフ・ギレス社長兼CEOは、「R/Tを運転すれば、自然と微笑みがこぼれるはず」と述べ、ファンtoドライブをアピールしている。

ダッジ R/T ダッジ R/T ダッジ R/T ダッジ R/T ダッジ R/T