日本ピストンリングが発表した2010年4〜12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が31億7500万円と、前年同期の14億4800万円の赤字から黒字に転換した。

売上高は前年同期比30.2%増の358億1000万円と大幅な増収となった。自動車関連製品事業は、エコカー購入補助金制度終了による反動で国内新車販売が大きな影響を受けているが、アジア・新興国を中心に、海外での受注は堅調に推移し、増収となった。

収益では、固定費の抑制や原価低減活動の効果で収益が改善し、経常利益は23億8300万円と黒字となった。当期純利益は18億2700万円だった。

通期業績見通しは、第3四半期までの業績が予想以上に好調で受注が引き続き堅調に推移する見通しから売上高は前回予想よりも25億円増の470億円に上方修正した。営業利益は8億円増の38億円、経常利益が8億円増の28億円、最終利益が6億円増の21億円となる見込み。