クーガ

アストンマーチンばりにセンターに設えられたプッシュボタンを押すと…、意外と聞こえてくるサウンドは静かだったりして。飛び出し感もカッタルさもなくスルリと走り出す、いかにもイマドキっぽいSUVという感じ。

『フォーカス』のハイパフォーマンスモデル、「ST」をベースにしているというだけあって、ワインディングロードに持ち込んでも、低回転域からグイグイとトルクを発揮してくれて、実に軽やか。高速走行でも100km/h巡航で1800rpmと、エンジンサウンドは非常に静かで、またクルーズコントロールも装着されているため、のんびりとしたテイストも味わえる。

トランスミッションは5ATだけれど、MT風シフトもできるタイプ。ただし、レスポンスはさほどよくないので、Dレンジに入れっぱなしの方が気持ちよくクルージングできるかもしれない。そして乗り心地は少々カタメかも…。

ハンドリングも予想以上にクイックだから、峠道での試乗でも自然なロールを保ちながら、安心感を持ったままコーナーをクリアしていくなんていうのもオチャノコサイサイ。タフな見た目通り、肉食系のSUVでした。


■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

竹岡圭|モータージャーナリスト
自動車専門誌を中心に、女性誌やTVなど、幅広いメディアでレポーター・コメンテーターとして活動している女性モータージャーナリスト。ラジオのパーソナリティとしても活躍中。インプレッションやコラム、カーグッズ、旅行など、カーライフ全般を女性の視点からレポートしている。快適なカーライフをサポートするべく、実際にユーザーにアドバイスすることも大切にしている。モータースポーツにも積極的に関わり、自身も国際C級ライセンスを所持、チーム監督・ドライバーとして楽しんでいる。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ クーガ