ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様

ヒュンダイモーターアメリカは9日、シカゴモーターショーにおいて、新型スポーツクーペ、『ベロスター』のラリー仕様を初公開した。

このベロスターは、2011年の米国ラリークロス選手権と『X Games』に参戦する目的で開発。ヒュンダイが、リース・ミレン選手やレッドブルレーシングとタッグを組んで送り出すのが、このラリーカーだ。

エンジンは2.0リットル直列4気筒ガソリン。HKS製のボールベアリングターボチャージャーで過給されるなどのチューニングを受け、最大出力500ps、最大トルク83kgmを絞り出す。

トランスミッションは6速シーケンシャル。駆動方式は市販モデルのFFから4WDに変更された。カーボンファイバーやケブラー製のボディパネルにより、車両重量は1205kgに抑えられる。

ヒュンダイは3月26日に開幕する2011米国ラリークロス選手権に、このベロスターを投入。スバル『インプレッサWRX STI』、フォード『フィエスタ』などのライバルに挑戦する。

ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様 ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様 ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様 ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様 ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様 ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様 ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様 ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様 ヒュンダイ・ベロスター・ラリー仕様