シボレー・カマロZL1

氷点下の米国イリノイ州で9日、シカゴオートショー(シカゴモーターショー)が開幕した。初日、幕開けのGMプレスカンファレンスに登場したのは歴代最強のシボレー『カマロZL1』だ。

『コルベット』の開発チームと協力して開発したというZL1。ネーミングは69年に69台限定で販売された7リットル・オールアルミブロックV8エンジンを搭載したZL1 の復刻。「カマロ」クーペをベースに、6.2リットルV8エンジンにスーパーチャージャーを組み合わせた。最大出力は、実に550hp。6速MTとヘビーデューティLSDを介し後輪を駆動する。

スーパーチャージャーをカバーするために大きく張り出したカーボンファイバーとアルミ製ボンネットや、空力を考慮しデフューザーを装着した前後バンパーなど、ハイパワーモデルに相応しいエアロキットを纏ったエクステリアは、まさに正統カマロのデザインだ。足回りは20インチ鍛造アルミホイール。大径14インチのブレンボ製ディスクブレーキには前6ポッド、後ろ4ポッドキャリパーが組み合わされる。サスペンションはツーリング/スポーツの2モード切り替え式のマグネティック・ライド・システムを採用している。

バケットタイプのシートを含め室内はスウェード調のレザーが張り巡らされ、ステアリングホイールとシフトノブはZL1 専用タイプが採用された。

2012年初頭の発売を予定しているZL1 だが、実は現在も引き続き開発中。正確な出力や性能などの諸スペック、価格等は現段階で発表されていない。

シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1 シボレー・カマロZL1