マツダ MX-5 スペシャルエディション

北米マツダは9日に開幕するシカゴモーターショーにおいて、『MX-5』(日本名:『ロードスター』)の特別限定車、「スペシャルエディション」を発表する。

この限定車は、4日にロードスターの累計生産台数が90万台に到達し、2人乗り小型オープンスポーツカーのギネス世界最多生産記録を塗り替えたのを記念するモデル。米国では750台が限定発売される。

ベース車両は、現地向けの最上級グレード、「グランドツーリング」。17インチのブライト仕上げアルミホイールが追加され、足元を引き締める。専用ボディカラーとして、スパークリングブラックマイカとドルフィングレーマイカが用意された。

インテリアは、グレーステッチ入りのレザーシート、ブラックレザー仕上げのステアリングホイール&パーキングブレーキレバー、アルミ製ペダルを特別装備。ダッシュボードには、クロームのアクセントが添えられる。

スペシャルエディションの現地価格は、3万0925ドル(約255万円)から。マツダは同様の限定車をオーストラリアでも販売しており、近い将来、日本向けにも設定されると思われる。

マツダ MX-5 スペシャルエディション