エネファームの新製品は定格発電効率40%を実現、価格を従来から70万円安い276万1500円とした

東京ガスとパナソニックは、家庭用燃料電池「エネファーム」の新製品を共同開発した。新製品は、パナソニックが製造し、東京ガスが4月1日から発売する。

新製品は、世界最高の定格発電効率37%以上の現行品よりも、発電効率を向上し、定格発電効率40%を実現した。また、発電を行なう燃料電池ユニットのシステム構成を簡素化するとともに、希少金属を使用して発電する燃料電池スタックなどの基幹部品を小型化することなどで、価格を現行品よりも約70万円安い276万1500円(工事費など別)に設定した。

エネファームは、都市ガスから取り出した水素を空気中の酸素と化学反応させて発電、その電気を家庭内で利用する。化学反応の際に出る熱は、給湯や暖房に利用する。発電する場所と使う場所が同じとなるため、送電ロスがなく、発電時に出る熱を無駄なく活用できるため、環境優しいシステムとなっている。

火力発電所による電気と、都市ガス給湯暖房機からの給湯・暖房を行なう方式と比べ、定格発電時にCO2排出量を約48%削減でき、一次エネルギー消費量を約35%削減できる。一般家庭の年間光熱費も約5〜6万円節約でき、年間のCO2排出量を約1.5t削減できる。

パナソニックは2011年度に、エネファームを前年度実績の2倍となる年間6000台以上の生産体制を構築し、東京ガスも前年度目標の2倍となる5000台の販売を目指す。