ビュイック リーガル eアシスト

GMは9日に開幕するシカゴモーターショーにおいて、ビュイックの中型セダン『リーガル』のマイルドハイブリッド、「eアシスト」を発表する。

eアシストは、GMの新世代マイルドハイブリッドとして、2010年11月に登場。そのシステムは、2.4リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力182ps)+6速ATに、モーター(最大出力15ps)を追加したものだ。2次電池は、リチウムイオンバッテリーを採用する。

このシステムは、モーター単独で走行できるEVモードを持たない。加速時にエンジンをアシストし、減速時には回生ブレーキとして機能するだけだ。それでもGMによると、米国EPA(環境保護局)予想燃費は市街地11.1km/リットル、高速15.73km/リットルと、最大25%燃費を改善しているという。

リーガルのeアシスト仕様は、ビュイックの大型セダン、『ラクロス』に続くマイルドハイブリッド車として、今秋米国市場へ投入する。GMは「競合するアキュラ『TSX』よりも、20%燃費がいい」とアピールしている。

ビュイック リーガル eアシスト ビュイック リーガル eアシスト ビュイック リーガル eアシスト ビュイック リーガル eアシスト