Aスター(インド)

日本自動車工業会の志賀俊之会長は8日の定例会見で、2011年にはBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の自動車販売が日米欧の販売を上回るとの見通しを明らかにした。

会見で志賀会長は、自工会が集計した世界の自動車販売実績を披露。10年は前年比14%増の7395万台と、それまで過去最高だった07年実績の7145万台を上回り、「リーマンショック以前の市場に戻った」と分析した。

さらに志賀会長は「日本、アメリカ、西ヨーロッパのいわゆるG5(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン)の06年合計が3635万台だったが、10年には2822万台と市場が縮小した。一方、BRICsは06年に1311万台だったものが2677万台と逆に増えて、数字がほぼ拮抗するところにきた」としたうえで、「今の伸び率をみると2011年には逆転する」との見通しを示した。

また志賀会長は国内の新車市場について「10年はエコカー補助金があって少し伸びたが、5年間で78万台縮小している」と指摘し、「国内市場を活性化していくことは非常に重要なテーマ」と改めて強調した。

ランサー(中国) ファビア(ロシア) 志賀会長