ポスター

日本自動車工業会は、12月2日から12月11日までの10日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催する「第42回東京モーターショー2011」のショーテーマとポスターデザインを決定した。

これまで東京モーターショーは千葉県にある幕張メッセで開催してきたが、今回は24年ぶりに東京での開催となる。

世界一のテクノロジーモーターショーを目指してテーマを「世界はクルマで変えられる。(Mobility can change the world.)」に決定した。車離れが指摘されている中で、自動車を単なる移動手段だけでなく、環境、安全、エネルギーなど世界の様々な問題の「解決手段」となりつつあることを訴求するとともに、車社会の未来を明るく、大胆に、世界に向けて発信していくとのメッセージを込めた。

ポスターデザインでは、タイヤ、ライト、ボディが現実にはあり得ない配置になった「変化しようとしている車」をイメージ、既成概念を打ち砕いて先端のテクノロジーが生みだす未知への期待感と、ショーの華やかさを表現したとしている。

また今回、東京に戻って再スタートを切ることを機に、日本の優秀な車や技術を世界にアピールするため、1954年に開催された「第1回全日本自動車ショウ」で採用されたシンボルマークを、改めて東京モーターショーの唯一のシンボルマークとして位置づけて積極的に使用していくことも決めた。