京セラの太陽電池システムの国内販売子会社京セラソーラーコーポレーションは、東北電力が建設する仙台太陽光発電所(宮城県七ヶ浜町)向けに2.0MW、八戸太陽光発電所(青森県八戸市)に、総出力1.5MWのうち1.0MWの太陽電池モジュールを計3.0MW分を供給すると発表した。

2月から着工する予定の仙台太陽光発電所は、本格稼動時の年間発電電力量が一般家庭約600世帯分の電気使用量に相当する約210万kWhを予測している。クリーンエネルギーを利用することで、CO2を年間約1000t削減できる見込み。2012年1月に運用開始する予定。

八戸太陽光発電所は、稼動時の年間発電電力量が一般家庭約500世帯分の電気使用量に相当する約160万kWhとなり、年間のCO2削減量は約800tを見込んでいる。2012年1月に運用開始する。

京セラソーラーは今回の東北電力のほか、東京電力、九州電力、四国電力、北海道電力など、電力会社7社のメガソーラー発電所に対しても太陽電池モジュールを供給することが決定しており、電力会社の採用社数で国内シェアトップとなっている。