東京海上日動火災保険は7日、タブレット型端末やパソコンを活用して、保険の商品案内や最適な保険プランを作成できるサービスを開始すると発表した。

生損保一体型商品の『超保険』の商品内容を分かりやすく紹介した動画や、コンサルティングをスムーズに行うためのツールを開発し、全国の『超保険』取扱代理店約7500店でタブレット型端末やパソコンを使ってサービスを始めるという。

これにより場所を選ばずに超保険の案内ができるようになるとともに、保険加入希望者に合った保険プランを端末操作で紹介できるようになるという。このほか、パンフレットやチラシを顧客にメールで送付する『Webチラシ』のサービスも2月末から開始する予定としている。