クビサ(バレンシアテスト)

ロータス・ルノーGPのロバート・クビサが、趣味で参戦していた「ラリー・ロンデ・ディ・アンドラ」でシュコダをドライビング中に横転する大クラッシュ。腕や脚など複数を骨折し、少なくとも今シーズンのF1は絶望的となった。

当初、クビサの右手は切断の恐れもあったというが、医師の7時間にわたる手術の末、なんとか最初の治療は成功した模様。

手術を担当した専門医であるイゴール・ロッセオは、「リハビリは比較的長くかかるでしょう。おそらく1年は必要だ」と語っている。

クビサ(バレンシアテスト)