シボレー カマロ

9日に米国で開幕するシカゴモーターショー。GMが同ショーにおいて、2台の新型車を初公開する可能性が出てきた。

これは、『デトロイトニュース』が4日に報じたもの。同メディアの取材に応じたGM北米部門のマーク・ルース社長は、「シカゴには2台の新型車を出品するつもりだ。そのうちの1台は、『カマロ』のプラットホームがベースになるだろう」と語ったという。

このカマロベースのモデルは、カマロの最強グレード、「Z28」ではないかと見られる。Z28には、『コルベット』用をルーツとする6.2リットルV型8気筒スーパーチャージャーを搭載。最大出力は550psオーバーになるもようだ。ルース社長も「(カマロベースのモデルは)運転してとても楽しい車だ」と話しており、Z28の可能性は高いといえる。

もう1台の新型車は何か。米国の各自動車メディアは、GMのベストセラーセダン、シボレー『マリブ』の後継車、またはビュイックの中型セダン、『リーガル』のハイブリッド仕様ではないか、と報じている。