東洋ゴム工業が発表した2010年4〜12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比65.3%増の105億0100万円となった。

売上高は同4.0%増の2264億9600万円と増収となった。エコカー補助金制度の効果や輸出の増加で、国内自動車生産台数が増加したため、国内新車用タイヤの販売量は前年並みで、売上げも高付加価値商品が増えたため、増加した。

国内市販用タイヤは、需要が回復したほか、降雪が例年以上だった影響で冬用タイヤの販売が好調だった。

海外市販用タイヤは米国の中国製タイヤの高関税政策の影響で販売量は前年並みだったが、付加価値商品は増えた。欧州市場や豪州、アジア、中南米市場も好調だった。

売上げ増加の効果で、経常利益は同16.8%増の80億2900万円、当期純利益は前年同期の10倍以上の50億9200万円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。