レガシィ

富士重工業は4日、2011年3月期通期の連結業績予想を上方修正すると発表した。海外での販売やコスト削減が想定を上回って推移していることが主な要因。営業利益は従来の700億円から850億円に引き上げた。

富士重の高橋充専務は、同日行ったアナリスト向け電話会議で「今年度を最終年度とする現中期経営計画の収益目標値である営業利益800億円、営業利益率5%レベルの達成が見通せることとなった」と述べた。

今期の販売計画は、従来から4000台増やして66万3400台に修正した。高橋専務は「連結販売台数としては過去最高を狙う」と強調した。国内販売は補助金終了後の反動減から1600台目標値を引き下げたが、海外は米国、欧州などを中心に5600台積み増した。

さらに高橋専務は「海外は各地域でスバル『レガシィ』『フォレスター』の販売増を引き続き見込み、海外売り上げで初の1兆円越えを目指し、売上比率も7割とする」と述べた。富士重の今期の売上高予想は前期比12%増の1兆6000億円で、このうち海外では1兆1200億円を見込んでいる。

フォレスター