クロスオーバーWRC

2011年のWRC(世界ラリー選手権)にスポット参戦し、2012年シーズンからの本格参戦を目指すMINI『カントリーマン(日本名:『クロスオーバー』)WRC』。同車の最新写真が公開された。

これは2日、スペインでのテストを前に、MINIにとって関係の深いモンテカルロを訪問した同車の姿を捉えたもの。MINIカントリーマンWRCは、かつてモンテカルロラリーを制した栄光のマシンと対面を果たしたのだ。

モンテカルロラリーでは1964年、P. ホプカーク選手が乗る『Miniクーパー』のラリー仕様、「1071クーパーS」が初優勝。1965年にはT. マキネン選手が、同じくMiniクーパーSでモンテを制した。1967年にはA. アルトーネン選手が駆る「1275クーパーS」が、ポルシェ『911S』との死闘の末、栄冠を勝ち取っている。

MINIカントリーマンWRCのドライバーは、クリス・ミーク選手とダニエル・ソルド選手に決定。今後開発テストを進め、11年シーズンは最低でも6戦にスポット参戦する計画だ。

クロスオーバーWRC クロスオーバーWRC クロスオーバーWRC ダニエル・ソルド選手(左)とクリス・ミーク選手