プリウスが21か月ぶりにトップ陥落、フィットが1位に返り咲いた

日本自動車販売協会連合会が発表した1月の乗用車車名別販売台数ランキング(登録車)で、トヨタの『プリウス』が前年同月比38.5%減の1万3711台となり、21か月ぶりにトップから陥落し、2位となった。

トップとなったのは、ハイブリッドモデルを追加して販売が好調なホンダの『フィット』で同13.9%増の1万4873台となり、21か月ぶりにトップとなった。

プリウスはエコカー補助金制度終了でメリットが薄れたほか、販売が一巡したことから販売が低迷した。トヨタ系ディーラーでは、すでに在庫車も抱えているという。

3位はフルモデルチェンジしたばかりのトヨタ『ヴィッツ』で同26.4%増の1万1018台だった。

4位はトヨタの『ラクティス』、5位がホンダの『フリード』、6位がトヨタの『カローラ』、7位にはマツダの『デミオ』がランクインした。8位がトヨタの『パッソ』、9位にフルモデルチェンジしたスズキ『ソリオ』が入った。10位は日産『セレナ』だった。

フィット ソリオ ラクティス ヴィッツ