オートバックスセブンは、4月1日付けで内部統制管理部のコーポレートガバナンス統制機能を「経営企画室」に移管するとともに、リスクマネジメント機能を「コンプライアンス部」に移管する組織改正を発表した

内部統制管理部門は廃止する。組織を簡素化するのが狙いで、これに伴って法務部を内部統制担当執行役員の担当とする。

また、経理部、財務部、関係会社管理部を新設する「経理・財務部」に統合する。国際会計基準導入を準備するため「IFRS対応プロジェクト」を新設する。

従業員研修を充実するため「教育部」を新設し、エリア企画室のチェン教育機能と人事部の社員教育機能を移管する。同時に新設する「戦略人事部」が、連結グループの人材育成・教育と人員配置の方針立案機能、人材要件、任用基準の立案機能を担当する。

海外事業企画部と海外事業管理部を統合し、「海外事業管理部」とする。

店舗開発部の立地開発機能を分離独立し「立地開発部」を新設する。エリア戦略企画担当執行役員の担当となる「店舗子会社企画管理部」を新設する。店舗開発部は、店舗販売企画担当執行役員の担当となる。

北海道C@RS推進部と東北C@RS推進部を統合し「北日本C@RS推進部」とする。U-PARTS推進部は、店舗モデル構築部の燃料事業・EXP業態改善機能を移管し「U-PARTS・EXP推進部」とする。

「商品管理部」はカー用品事業担当執行役員の担当とし、「商品企画管理部」と名称を変更する。商品開発部は廃止し、機能を各商品部に移管する。車検整備事業推進部と保険事業推進部を統合し「サービス事業推進部」とする。