メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション

ルノーは2月2日、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーに『メガーヌ・クーペ』の限定車、「モナコGPリミテッドエディション」を出品すると発表した。

ルノーは2010年4月、『ラグナ・クーペ』にモナコGPリミテッドエディションを設定。04年と06年のF1モナコグランプリで、ルノーが優勝したことを思い起こさせる限定車だった。そして今回、メガーヌクーペにも同様の限定モデルが投入される。

ボディカラーは、専用のパールホワイトで塗装。ヘッドライト、アルミホイール、ドアミラー、ディフューザーなどはブラックで仕上げられた。「GTライン」と呼ばれる大型バンパーも標準装備だ。

インテリアも外観に準じており、ブラックを基調に、センターコンソールやダッシュボードパネル、ドアハンドルなどをホワイト化。「モナコGP」のプレートには、シリアルナンバーが記される。

エンジンは5種類から選択可能。最も強力な「R.S.」(ルノースポール)は2.0リットル直列4気筒ガソリンターボを搭載し、最大出力250ps、最大トルク34.7kgmを引き出す。

モナコGPリミテッドエディションは、3月1日に開幕するジュネーブモーターショーで正式発表された後、欧州14か国で発売。ルノーは、「エレガントかつスポーティな限定車」と説明している。

メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション メガーヌ クーペ モナコGPリミテッドエディション