尾崎専務

マツダの尾崎清専務は3日、都内で開いた決算会見で、2010年の中国市場での販売台数が「過去最高となる24万台を達成し、単独市場として米国、日本を抜き世界最大の市場となった」ことを明らかにした。

マツダの同年の中国での販売台数は前年比33%増の23万9709台、米国が同11%増の22万9566台、日本は同9.5%増の22万3861台、欧州が同15%減の21万7502台だった。

マツダ広報部によると市場別の販売では、これまで日米欧でほぼ拮抗した状態が続き、09年実績で中国は4位だったという。

中国が一気に抜きん出た背景について尾崎専務は「『マツダ3』、『マツダ6』の主力車種が好調なことや、販売網の強化が当初計画の300店舗を上回り12月末で312店舗を達成した」ことなどを上げた。

また今年の中国での販売に関しては「北京市内での新車購入制限などあるが、北京でのシェアは高く逆風は防げるだろう」との見通しを示した。