ベスト電器が 電気自動車 i-MiEV の取り扱いを開始

三菱自動車とベスト電器は2月3日、ベスト電器が三菱の電気自動車『i-MiEV』を取り扱うことについて、業務提携していくことで合意したと発表した。

合意の主な内容は、(1)ベスト電器の店舗で「i-MiEV」の展示と商品説明、(2)両社が協力して試乗会や普及に向けてのイベント等の実施、(3)ベスト電器から三菱自動車の販売会社への顧客の紹介、の3点。

車両本体の販売及び販売に伴う諸手続きやアフターサービスは、三菱自動車の販売会社が行う。

家電量販店が電気自動車を取り扱うのは、九州地区ではベスト電器が初めて、第1号店は2月11日にオープンするB・B香椎本店(ビービーかしいほんてん:福岡市東区)。

B・B香椎本店では「i-MiEV」と併せて、同ーフロア内に「オール電化・太陽光発電システム」「LED照明」や「省エネ空調機器」「電動スクーター」「電動自転車」も展示し、コーナーを「環境対応」という点で統一したコンセプトで展開する。

また、店舗駐車場には充電設備の設置を予定し、今後は他の主要店舗にも充電設備を拡大し、電気自動車ユーザーの利便性アップと来店促進に繋げていきたいとしている。

ベスト電器が 電気自動車 i-MiEV の取り扱いを開始