青砥常務

三菱自動車は2日、2011年3月期通期の業績予想を期初公表値のまま据え置くと発表した。本業のもうけを示す営業利益は前期比3.2倍増の450億円を見込んでいる。

この見通しを実現するには残り3か月間で、2010年4〜12月期の営業利益130億円の約2.5倍分を稼ぎだす必要があるが、同日会見した三菱自動車の青砥修一常務はSUV系モデルが好調なことやコスト削減などで達成は可能との考えを示した。

会見で青砥常務は「『RVR』の売り上げが非常に良いなどSUV系の車種が増えていることで190億円近い好転を見込んでいる」ことに加えて、資材費や工場などでのコスト削減で100億円の改善を織り込んでいると説明した。

通期の販売台数計画も112万4000台と従来見通しを据え置いた。ただ地域別では見直しており、日本で4万台、北米で7万台それぞれ下方修正する一方で、欧州で10万台、アジア・その他地域で1万台積み上げた。

青砥常務は、日本の販売計画を引き下げた理由について、エコカー補助金終了の影響が想定よりもあったためとしながらも、1月の販売状況は修正後のレベルの「ラインに乗っている」と述べた。

RVR