SRX

GMは1日、1月の米国における新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は17万8896台で、前年同月比は21.8%増。5か月連続で前年実績を上回った。

「シボレー」「キャデラック」「GMC」「ビュイック」の主力4ブランドで見ると、シボレーが12万5389台を販売し、前年同月比は19.1%増。GMCは同29.8%増の2万7658台、ビュイックは同31.9%増の1万3269台、キャデラックは同49.1%増の1万2580台。4ブランドともに、2桁台の伸びを示した。

シボレーブランドの乗用車系では、主力ミドルセダンの『マリブ』が同14.2%減の1万1651台にとどまり、2か月連続の前年実績割れ。しかし、大型セダンの『インパラ』が同38.8%増の1万5188台と、この穴をカバーした。2010年9月に米国市場へ投入された小型4ドアセダン、『クルーズ』も1万3531台と、10年12月に続いて1万台を突破した。

シボレーブランドのライトトラック系(ピックアップトラック/SUV/ミニバン)では、主力の大型ピックアップトラック、『シルバラード』が同23.7%増の2万8172台をセールス。中型クロスオーバーの『エクイノックス』も、同35%増の1万2847台と大きく伸びた。

GMCブランドでは、主力の大型トラック、『シエラ』が同46.2%増の1万0627台。『テレーン』が同48%増の6369台、『アカディア』が同4.8%増の5723台と、中型クロスオーバーも支持された。

キャデラックブランドでは、『SRX』が同31%増の4236台と、人気が持続。『CTS』も同70.1%増の4362台を売り上げた。ビュイックブランドでは、『ラクロス』が同11.2%減の3771台と後退。しかし、『エンクレイブ』が同6.7%増の4347台、新型『リーガル』が2335台と好調だ。

1月の米国新車販売の結果を受けて、GMのドン・ジョンソン副社長は、「2011年は、全4ブランドが好調なスタートを切った。とくに新型車の販売が好調だ」とコメントしている。

エクイノックス テレイン シルバラード シエラ