X3

BMWオブノースアメリカは1日、1月の米国新車販売の結果を発表した。BMWとMINIの両ブランド合計で、1万8656台を販売。前年同月比は21.1%増と、5か月連続で前年実績を上回った。

BMWブランドは、同20.8%増の1万5905台を販売。その内訳は、乗用車系が同14.0%増の1万1435台、ライトトラック系(SAV=スポーツ・アクティビティ・ビークル)が同42.8%増の4470台。

乗用車系では、主力車種の『3シリーズ』が同6.4%増の5763台と、5か月連続の前年実績超え。『5シリーズ』も同76.2%増の4350台と、4か月連続でプラスとなった。

しかし、『1シリーズ』は同7.7%減の501台と4か月ぶりのマイナスに。『Z4』も同43.4%減の112台、『7シリーズ』も同52.1%減の626台と失速した。

SAVでは、マイナーチェンジを受けた『X5』が、同23.6%増の3038台と、引き続き好調。新型を投入した『X3』も、同273.3%増の1075台と人気を集める。『X6』は同7.0%減の357台にとどまった。

MINIブランドは、前年同月比で22.4%増の2751台と3か月連続のプラスを維持。ハッチバックの『MINI クーパー/クーパーS』が、同1.6%増の1502台を売り上げたほか、新型『カントリーマン』(日本名:『クロスオーバー』)も686台を登録する。

1月の販売結果を受けて、BMWオブノースアメリカのジム・オドネル社長兼CEOは、「1月は厳しいと予想していたが、新型X3とMINI カントリーマンのおかげで、良好な結果を残せた」とコメントしている。

3シリーズ 5シリーズ X5 カントリーマン