リーフ

JAF(日本自動車連盟、田中節夫会長)は2日、電気自動車(EV)用急速充電器を3か所の支部事務所に設置し7日からサービスを開始すると発表した。

神奈川支部(横浜市神奈川区片倉2-1-8)、愛知支部(名古屋市昭和区福江3-7-56)、大阪支部(大阪府茨木市中穂積2-1-5)の3支部に設置する。利用時間は午前9時から午後5時30分。ただし土日祝日、年末年始は利用できない。利用料金は当面、無料にするとしている。

急速充電器はCHAdeMO(チャデモ)規格に対応しており、日産自動車の『リーフ』、三菱自動車の『i-MiEV』、富士重工業のスバル『プラグインステラ』に対応している。約30分で80%まで充電できる。