プリウス・プラグインハイブリッドに搭載されるバッテリーユニット

特許の分析や競合調査をおこなっているパテント・リザルトは、車載用リチウムイオン2次電池の制御・管理技術について参入企業に関する調査を実施し、その結果を「特定技術分野の競合分析:車載用リチウムイオン電池制御・管理技術」にまとめた。

リチウムイオン2次電池は、従来の2次電池と比べエネルギー効率が高いことなどからハイブリッド車や電気自動車への採用が進み注目を集めている。いっぽうで車載向けのリチウムイオン電池には、高度な安全性や耐久性、充放電の制御・管理が求められている。今回の調査では、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに特許の質と量から総合的に見た評価をおこなった。

結果、「総合力ランキング」では、1位がトヨタ自動車、2位がデンソー、3位がパナソニックとなった。

2位のデンソーはトヨタグループの企業、3位のパナソニックもリチウムイオン電池においてトヨタと協力関係にあり、上位3位をトヨタ関連企業が占める結果となった。

また4位には日産自動車が入ったが、特許の出願件数においてもトヨタが倍以上となり、注目度の高さがうかがえる。

「特定技術分野の競合分析:車載用リチウムイオン電池制御・管理技術」の価格は10万5000円。

バッテリーユニットが収まるラゲッジルーム プリウス・プラグインハイブリッド