ショーワが発表した2010年4〜12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が80億9200万円の黒字となった。前年同期は31億8000万円の赤字だった。

売上高は前年同期比19.6%増の1795億8100万円だった。ホンダの自動車生産台数が好調に推移した効果で、四輪車部品、二輪車部品の販売が好調だった。

収益は売上げ増加の効果で経常利益が73億5500万円、当期純利益が18億4600万円と黒字化した。

通期業績見通しは、第3四半期の業績が想定以上だったため上方修正した。売上高は前回予想よりも50億円増の2350億円、営業利益は20億円増の90億円、経常利益が20億円増の80億円となる見通しで、最終損益は2億円の赤字を予想していたが5億円の黒字となる見通し。