楽天グループのビットワレットは、JネットレンタカーグループのJ-netレンタリースとJ-ウィングレンタリースが運営する全国主要都市のJネットレンタカー64店舗にプリペイド型電子マネー「Edy」を2月1日から導入したことを発表した。

ビットワレットは、出張や旅行を目的としたEdy付レンタカープランの需要が高いこと、所定の手続きをした「おサイフケータイ」でEdyを利用すると楽天スーパーポイントやANAのマイルなどが貯まることから、Edyを利用してレンタカーを借りるビジネスマンや旅行者が増加すると見込んでいる。

Jネットレンタカーグループが運営する全84店舗のうち、64店舗からサービスを開始し、今後は全店舗へ順次導入する。