523i

東京マラソンの日本人トップランナーに、新型BMW『5シリーズ』セダンが贈呈されることになった。ビー・エム・ダブリュー(ローランド・クルーガー社長)が、日本人男子激励賞の副賞としてBMW「523i」セダンを提供する。

東京マラソンが、第13回世界陸上競技選手権大会男子代表選手選考競技会を兼ねているため、選手に激励の意味を込めた。同社が東京マラソン財団とともに設定した。

523iセダンはマイクロ・ハイブリッド(ブレーキ・エネルギー回生システム)を採用したモデルで8速AT。先代BMW「525i」セダンと比較すると、燃料消費率が約30%向上し、11.4km/リットルを実現したという。

また、同社は44台のBMW『クルーズ・バイク』(自転車)を提供。東京マラソン当日にAED(自動体外式除細動器)を背負った救命救急士がコース上を巡回監視し、医療救護体制を補完する。

東京マラソンでは、BMW『ActiveHybrid X6』が大会先導車となるが、同社はインターネット上で「東京マラソン・スペシャル・サイト」をオープン。同じモデルでコースを走行した「42.195km EfficientRunning Movie」を立ち上げた。臨場感のある実際のコース映像を楽しみながら、効率的なランニング方法の解説が聞ける。

523i ActiveHybrid X6 クルーズ・バイク http://www.bmw.co.jp/marathon/